らじレタ バックナンバー一覧

 

10月9日放送のらじレタ

 

 香蓮は
 ちくさんフードフェアに
 肉肉筋肉&29ROCKを歌いにいくため

 欠席

 代打を引きうけていただいたのは
 月曜18時から
 高野美穂の月曜ルームのパーソナリティーであり

 特技が30分でお酒のつまみを
 作りあげることができるという
 株式会社Style Create
 代表取締役 高野美穂さん

 

 
 らじレタパーソナリティ


 今日のお手紙は
 知らずうちに友達の心を傷つけてしまった
 ことに対して懺悔の気持ちを
 表したいとおしゃられる方からのお手紙

  ------------------------------------------

 「あの時はごめん。」


 僕が高校生のとき、半年間 僕の家でリーという
 中国からの留学生がホームステイしていました。


 当時の僕は まさに絵に描いたような典型的な反抗期の高校生で、
 そんな僕に比べ、リーはどっちかというとおとなしいタイプでした。


 言葉が通じないせいもあって 
 一緒に学校に行くけど
 クラスではとくに会話もない感じでした。



 でも、家では二人でゲームしたり、
 一緒にテレビ見たりしていました。


 そんなある日 クラスメイトから

 「おい、かず。 ホームステイってめんどくせぇだろ」
 と言われました。 


 僕は、別にそんな事ないけど…と思いながらも 
 みんながいる手前「まあな」と軽く流しました。


 その夜、リーがご飯さえも食べず
 学校から戻ってきてずっと部屋に引きこもっていました。


 お母さんが
 「ねぇ、リー君学校で何かあったのかしら? 珍しいわね」 
 って心配して
 僕に部屋の様子を見に行く様に言ってきました。


 「しらねーよ、自分で聞けばいいだろ」といい
 僕は自分の部屋に戻りました。


 でも、何となくリーの事が気になって眠れなくて 
 夜中 いつも一緒にやってる
 スーファミを持ってリーの部屋にいきました。


 すると
 リーは普通に笑顔で「まだ寝てなかったの?」
 と部屋に入れてくれました。

 僕は「何だよ、お前普通じゃん。 かあさんが
 リーの事心配しててよぉ、部屋に見に行けって言っててよー。 
 まじでめんどくせぇよな。何もねえっつの」


 といってゲームをしていました。


 すると、リーが一言 言いました。 
 「かず、僕 めんどくさいですか?」


 ハッとして リーを見ると
 青白く光るテレビ画面が
 とても悲しそうなリーの顔を映していました。


 僕は、どんな言葉を言ったとして
 リーには言い訳にしかならないと思い
 何もいい返す事ができませんでした。


 あれから、もう20年。



 リー、元気ですか?



 年だけは立派な大人になりました。
 子供も2人います。

 でも、僕はまだずっとあの子供の頃の
 くそガキのまんまです。

 臆病で、世間手ばっかり気にして
 大事な人に 大事な事を言えずにいます。

 もし、リーにあの一言を言えたら
 僕もちょっと変われるかもしれないと思い
 今日は手紙を書きました。


 何も変わらないかもしれないけど
 今更かもしれないけど




 「リー、あの時はごめん」
  ---------------------------------------

 

 

10月9日の放送はこちらからお聴きいただけます


10月9日放送のらじレタ

 

 

 

 ▼CM中の裏話もノーカットの映像放送はこちらから

 

  

 

 

らじレタ バックナンバー一覧