頑張れ 優子

 

18年後の優子さんへ

お父様からのラブレター

 

 

18年後に一緒にいてやることが

できないかもしれない。

 

 

大人になった娘さんへ

伝えたいこと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------

 

 頑張れ 優子

 


 20歳の裕子へ

 1860gで生まれたきた優子
 そりゃーびっくりしたよ
 未熟児だって
 

 そんな優子も今では超おデブな2歳
 この機会に記録を残しておこうと思う

 これって平成22年にラジオで放送されたんだよ
 すごいだろ

 


 そういえば優子がはじめてしゃべった言葉は
  「やんやん」
 いまだになにが「やんやん」なのかはわからない

 20歳になった時に「やんやん」ってなんだったのか
 お母さんに教えてあげてほしい

 


 「優子」

 世界で一番、心の優しい子どもになってほしい
 そう思ってこの名前にしたんだぞ

 


 お母さんは、とっても とっても素敵な人だ
 たぶんおまえなんか足元にもおよばないと思うぞ

 でもね優子、少しでもお母さんに近づけるように
 これからの人生、お母さんを見習いそして助けてあげてほしい

 

 優子、優しい人は相手のことを自分のことのように
 思いやれる人のことを言うんだよ

 相手の痛みを分かり相手を思いやることが出来たなら
 お母さんを超えることができるかもしれない

 

 人に優しくした分だけ人から優しくしてもらえます

 

 優子、実はお父さん 癌なんだって
 たぶん、優子がこれを目にそして耳にするときは
 お父さん、この世にいないと思う

 

 ほんとは ほんとはお前の成人式の晴れ着姿
 見たかったんだぞ

 でも、このピンクの靴
 優子の思い出に持っていくことにする

 

 おまえが生まれて6ヶ月たったときに大きな手術をした
 ほら、お腹に傷口あるだろ

 優子、お母さんはな、おまえがまた元気に歩けるようにと
 このピンクの靴を買って手術中ずっと握りしめていた

 

 お母さん 大事にするんだぞ
 優子、いつも空の上から応援してるから

 

 頑張れ 優子

 

 

 -------------------------------------------------------------------------

 

 

らじレタの申し込みはこちらから