夫に伝えたい

 

10年後のちっちへ

いまは結婚式の準備の真っ最中。

準備をしているとこれまでまわりの人に見守られてきた、
あたりまえの日常ってとっても
ありがたいことなんだぁと実感しています。

二人で一緒にいられること。
出会えたこと。
それはとても、とても幸せなことだって気づき始めました。
10年後はどうなっているかな?
私は一緒に居られることに感謝していますか?
ちっちを大切に思っていますか?
きっとちっちは今と一緒で頼りがいのある旦那さんでしょう。

 


10年後。

 


        続きはこちらへ    

           

 


10年後のみぃちゃんへ

2010年7月24日、私たちは結婚します。
今は、結婚式を目前に控え、ばたばたと忙しく

準備に追われているところです。

とはいっても、まだ一緒には住んでいないので、
広島と東京で「同時多発ばたばた」でしたね。
この手紙を読んでいるころは、お互い30歳も過ぎ、
もしかしたら子供も二人ぐらいいるのかもしれないですね。


もしそうなっていたのなら、恐らくあなたは、
際限なく子煩悩ぶりを発揮していることでしょう。
それに、お互いのことを「パパ」「ママ」と

呼んでいるのかもしれません


       

         続きはこちらへ    

 



一緒の時間

結婚して10年がたちました。
あなたと過ごした日は楽しい思い出です。

今だから言えるけど、
結婚当初は、25歳の年の差を周りの友人達は心配してたんだよ。
当時は私もいろいろと考えちゃったんだよ。
確かに私の方が長生きする確率も高いしね、
懐かしい思い出です。


初めて、私の実家に挨拶に来たときは、
父親は、自分より年上なあなたに面食らっていたね。
でもおかげでよくドラマとかである、父親が婿を怒る場面などなく、
昔からの友達のようになっちゃいました。。

 

 

           続きはこちら



世界で一番大切なあなたへ

「行ってきます」

いつもと変わらない
朝ごはんを食べたあとの玄関の後ろ姿
たぶん半年ぐらいたってしまったんでしょうね

どうして気がつかなったのか
どうしてそんなに
あなたに
気をつかわせてしまっていのか?


わたしたちって
夫婦でしょ
痛みわかちあう夫婦でしょ

 

           続きはこちら



 

 

 

 

 

らじレタのお申込みはこちらから